家政婦は実は重労働

東京の家政婦の仕事といいましても、合理的重視として、いきなりお客様の家に派遣されることがあります。お客様の家へ初めてお伺いする場合は、仲介業者と一緒に伺うこともあります。初めて知らない方のお宅へ伺うのは、意外と疲れてしまうので、無理をしないようにしましょう。

自宅での家事と他人の家での家事は異なっているので、慣れない内は2時間程度で疲れてきてしまいます。慣れた家の構造とは異なりますので、家事に慣れるまではとても疲労してしまうようです。いきなり半日以上の仕事をするのではなく、3時間を目途に仕事をするようにした方が良いようです。多くの家政婦さんも3時間を目途に働いています。なので、短いのではと心配して無理に働くよりは、仲介業者のスタッフに相談しましょう。

また、4時間を超える仕事は仕事の能率が下がるとして派遣業者も気を遣っています。その為、1日中お客様の家で働くということは、そこまで多くありません。しっかりと家事をすることも大切ですが、家政婦の仕事は人柄が必要な接客業です。接客業がしたくないという理由で家政婦を選ぶと、少しギャップに悩む可能性があります。しっかりと家事をおこない、お客様と良好な関係を築く力こそ、東京で働く家政婦に必要です。