介護と家政婦

東京のみならず多くの家政婦派遣業者では介護の仕事も併せて受けつけています。現在は高齢者の方が若者より多くなり、そのような方々が家政婦を利用するのですから、介護の仕事も多くなりますね。ちなみに、介護に関する資格を持っていると優先的に介護の仕事ができますが、資格がなくても介護の仕事に派遣されないだけで、家政婦としても仕事が別に用意されていますので、家政婦として働く際に資格はそこまで重要ではありません。

介護の仕事は、排せつの介助、入浴の介助、通院等の介護など、そして併せて家事もおこないます。ただし、常に見ておかなければならない高齢者が相手なら家事は必要ありません。また話し相手にも家政婦さんは期待されています。高齢者の多くは子供とは別に暮らしていますので、話し相手が欲しいところです。介護の勉強をしているのなら、高齢者と話していてもストレスにはなりにくいのではないのでしょうか。

相談以外にも、高齢者の健康管理も家政婦が介護をする場合には必要ですね。きちんと健康的な食事を作らなければなりません。また運動不足により足腰が弱るのを防止するために、散歩や外出の付添なども家政婦に求められています。1人の高齢者に時間をかけることができますので、高質な介護を提供できます。