家政婦の時給

東京の家政婦さんとして働く場合、きちんと働くことができれば、アルバイトよりも高額な給料をもらえます。これは家政婦として働くメリットの1つです。子供が学校へ通っている短時間だけ働きたいと考えるのなら、普通にアルバイトするよりも短時間でしっかり稼ぐことができます。逆に長時間、5時間以上働けるという方の時給は、短時間で働く方の時給よりも高額になります。

毎日、家政婦を雇うというお宅よりも、平日のみ、休日のみ、平日2日だけ来てほしい、という変則的な依頼が多くなります。では、時給が良くても働ける日にちが少なければ、副収入として期待することができないと思うかもしれませんが、そのような場合は掛け持ちをしていけばいいのです。複数のお宅を掛け持ちすると、毎日、家政婦として働くことができます。

その為、時間があうのであれば、毎日3時間を、定期的に働くこともできます。パートをするよりも家政婦の方が気を遣うかもしれませんが、その分だけ、しっかりとバックがありますので、働けば働く程、副収入として期待することができます。3時間働けば長時間労働に分類されますし、きちんと働けばお客様から喜ばれる仕事なので働き甲斐があると思います。