家政婦の休憩時間

家政婦として働く際に気になるのが、休憩時間です。休憩時間は家政婦派遣業者ごとに異なりますが、東京の家政婦派遣業者の中には4時間を超えると利用料金の時価が少し安くなります。これは4時間以上働く際は休憩や一息を入れた方が家政婦の作業能率が下がりにくいという方針からです。初心者の家政婦は2時間経過すると非常に疲れを覚えるようです。

自身の家の家事が得意だからといっても、他人の家で家事をおこなうと勝手が異なりますので、疲労度も異なってくるのでしょう。また、人間ですので生理現象を我慢するのは困難ですから、トイレや水分補給の時間はしっかりと確保することができます。トイレを我慢する必要は特にないようです。トイレを我慢すると膀胱炎等になる可能性があります。

長時間働くにあたり、依頼主と何分休憩時間になるのかは事前に話し合っておくと、トラブルになりにくいといえます。中には2時間の契約で、時間調整をしながらのんびりと働くタイプの人もいます。そのような人は、依頼主としてはもう少し働いて欲しいなと不満に思われてしまいますので、仕事効率を工夫して早く終わらせて満足してもらうようにした方が、双方ともに満足することに繋がるようです。